人気ブログランキング |

娘と映画を見てきました

話題の 「この世界の片隅に」を見てきました。のんさんの声が主人公すずさんの人柄を際立たせていていました。でも戦争(空襲)が時代背景にあるテーマの作品。見終わった時には、感動というよりも心苦しくなり、ちょっと胸いっぱいに。「嫁ぐ」という言葉もキーワードになってた作品。夫の実家が呉の田舎なので、すずさんが暮らしてたところの風景も呉の街も、見慣れた風景です。最近のアニメは背景がリアルに描かれているので、なおさらですね。
呉にお住まいの方々はこの映画を見てどんな感想なんでしょうか?聞いてみたいな。
私は、すずさん以上に他県から嫁いできたもの。それも空襲のない地域でした。
最初に夫と来た時に、港に、ねずみ色の潜水艦や大きな船が泊まっていてびっくりしたものです。北陸の港は漁船!でしたからね。そんな私が感じるものと呉に住んでいる人とは感じるものも違うのかもしれませんね。
本当に日常の一部(戦争も含め)なのかもしれませんね。

改めて、まったく文化の違うところに私も嫁いできたんだなーと思いました。
戦争中のことは義父母は5才くらいでしょうか?でも、遠いようで近い過去の事なので聞いちゃいけないような気がします。なので、製作された方々もいろいろご苦労があったと思います。

昨日はせっかくの娘と映画。帰り道はしんみりしちゃったけど。娘も遠くに嫁に行ったらどうしよう!とか、大変なおうちに嫁いだらどうしよう!とか心配してしまいました。

e0308749_01204908.jpg

Commented by maco at 2016-12-19 14:02 x
すずさんが嫁いだ先は、ご主人もご両親も、お姉さんも・・・とても良い人たちでほんとによかったと思いました。(嫁いびりがテーマの映画ではないですもんね。)それぞれの思いやりも沁みるお話でしたよね。

そうですね・・・娘も穏やかなよい嫁ぎ先に行ってほしいと願わずにはいられません。こればかりはどうなることやら・・・(;^_^A

Commented by wanotomo at 2016-12-19 17:56
macoさんコメントありがとうございます。macoさんの娘さんの方は嫁いでもおかしくない年齢でしょうか。何年せいかな?就職は地元を希望されてるのかな?macoさんも他県から組ですが、一人娘さんは近くにいてほしくないですかーーー^^;
何だかそんなことをもう考えてしまって、寂しくなるお年頃です。高1ですが進路の話は出るからかしら。三人年が近いので、いなくなった時のロスが今から、怖いです。
by wanotomo | 2016-12-18 14:06 | Comments(2)